人が休んでいる時に行動するから結果が出る

ネットビジネスで稼ぐ為のマインド

どんな業界や勉強でもそうですが、自分で

「一生懸命頑張っていますよ!」

って言っている人の中に本当に
頑張っている人はまずいないです。

そういう人に今までの生活とか、
土日は何をしていますかと訊くと、
普通に友達と遊んでいたり、
テレビを見ていたりしています。

夏休みや冬休み、特に大学生はすごく
長い休みがありますけども、そういった
他人が休んでいるときというのは非常に大きなチャンスです。

しかし、実際そのチャンスには自分も一緒になって
遊んでいたりします。

そこを我慢して行動できている人はほとんどいません。

これは非常にもったいないことです。

普通の人は、夏休みや冬休みというのは、
思いっきり遊びほうけるわけですよね。

例えば10日間夏休みがあるとしたら、
そこで一切勉強なんかしません。

ネットビジネスや検定の勉強などをする人でも

「他の人は今遊んでいるから、あくまで1日1時間や2時間ちょっとやればいいだろう」

と勝手に自分で基準を作ってしまって
最低限しかやらないと言った感じです。

しかし、もしその10日間毎日15時間、16時間くらい
勉強や仕事に充てていたらその結果は大きく変わってきます。

他のライバルが1日2時間くらいしかやらないところを
自分はその8倍の16時間やる。

それが10日間あると、ほとんど頑張らない人は20時間くらいなのに対して、
10日間フルで頑張った人は160時間になります。

140時間も差が生まれるわけです。

これってすごいことだと思いませんか?

その140時間の差が、あとから一体どれだけ
大きな差になってくるのか考えてみると、
本当にものすごいことだと思うんです。

だからこそ、長期連休などの他人が休む時というのは、
非常に大きなチャンスですし、
そこで頑張れる人が結果を出せるわけです。

実際、僕の場合も1年以上稼げない下積み期間がありましたが、
ゴールデンウイークや夏休み、冬休み、あとお正月と言ったところを一切手を抜かずに、
1日15時間や16時間というペースで作業を続けました。

もし僕がその長期連休のときに他の人と同じように普通に遊んでいたら、
もしかしたら今の僕はなかったかもしれないです。

こうやってマインドについて語っているということも多分なかったと思います。

他人が休んでいる時というのは、自分にとって非常に大きなビッグチャンスなのです。

是非、それを逃さないように長期連休こそしっかりやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です