相手の時間を奪う時は必要最低限にする

質問は相手の時間を奪うこと

相手の時間を奪う時は必要最低限にすることを意識した方が良いです。

この記事を読んでいる方は、
サラリーマンとして会社で働いている、
もしくは学生として勉学に励んでいるなど、
どちらか方が多いと思います。

サラリーマンであれば上司に質問をする、
学生であれば先生に質問をするという事が
良くあると思います。

実際に質問をするということは、
自分よりも先を行っている人から、知識を分けてもらう
という素晴らしい事ですし、
積極的にどんどん質問をすべきです。

しかし、そこでひとつ覚えておかなければいけないことがあります。

それは、相手に質問をするという事は、
相手の時間を奪う行為に等しいという事です。

質問とは相手をその場に強制的に拘束し、
その回答が終わるまで縛り付けておく行為だからです。

当然それは相手の人生の一部を
もぎ取るといっても過言ではないのです。

つまり質問とはそれくらい重い行為であるという事です。

まずはそれを理解しておいてください。

そうように考えると、相手の時間を奪う場合、
それを極力最小限に抑えなければいけない
と感じるでしょう。

その質問自体は、どうしても知りたい事
なので我慢する必要は無いのですが、
せめて質問するのであれば、
できる限り最小限の時間で抑えようと
考えるのが普通だと思います。

実際、自分が質問をされる立場に
なってみればわかると思いますが、
毎回質問で10分取られる人、
または5分取られる人、
どちらが良いかと言えば、、
毎回質問を5分で終えてくれる人の方が良いのです。

やはり10分かかる人ではその分時間を
無駄に取られますし、
毎回手短に済ませてくれるのなら、
そっちの人の方が断然好かれる訳です。

ではそこにはどの様な工夫があるかという事ですが、
例えば、覚えておいて頂きたいのは、
相手に対して、
極力短い回答で済む様な質問の仕方
をするという事です。

特にメールの場合は、
「○○なんですけど、どうしたらいいんでしょうか」
という質問では、一から回答していかなければいけないので、非常に面倒くさいのです。

れを防ぐためにYesかNoで答えられる
質問にする事が一番理想なのです。

「ネット上で検索したらこのような方法を見つけました。
これで大丈夫でしょうか」

という感じで聞けば、上司からしてみれば、
この質問はYesかNoで答えられます。

非常に手短で楽です。

そういった気遣いが出来る人が、
会社では出世しますし喜ばれるのです。

アフィリエイトをやっている時も同じ事です。

特にネットビジネスやアフィリエイトでは、
メールでのやり取りが多いと思いますが、
その際にYesかNoか、
つまり簡単な回答で手身近に答えられる様な
質問の仕方をする人は、
その気の遣い方などが認められますし、

「この人の質問なら答えてあげたいな」

という風に思う訳です。

「質問は相手の時間を奪う」

これはしょうがない事です。

わからない事を放置するの駄目ですし、
聞きたい事はどんどん聞けば良いのですが

「相手の時間を奪う時は必要最低限にする」

とうことは非常に重要なことなので
是非、意識として持っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です