知恵にお金を払うのは当たり前

ネットビジネスで稼ぐためのマインド

「知恵とはなにか」

ということですが、
知恵というのは簡単に言うと、

自分たちが進んでいる道の遥か先を行く人、
先人たちが努力してきたり経験してきたり
苦労してきた中で得たものです。

そこで学び、得たものが知恵なんです。

言い換えれば「知恵」というものは、

「その人の人生」

すなわち
「その人が今まで生きてきて培ってきたもののすべて」です。

知恵は相当重いものなのです。

しかし、最近ではその知恵を
簡単に知ることができます。

代表的なもので言えば本です。

ビジネス書であったり他の分野でも
色々な方が本を書かかれていますが、
その知恵というのはその人が今まで
生きてきた人生の一部です。

その一部が1000円や2000円といった
価格で手に入ってしまいます。

これは本当にものすごい事です。

その人の人生感が買えるようなものです。

しかも最近はどんな分野でも本が
出版されていて、あらゆる道の先達者の
成功体験であったりとか、具体的に
どうやってうまくいったのかとか、
そういった部分を全部知ることができます。

これは本当に素晴らしいことだと思います。

ただ、最近はインターネットというものが
周知の通り発達してきています。

そのネットによって、どんな情報でも
ほとんど無料で手に入るようになって
しまっています。

実際、Wikipediaなどを見れば、
大半の情報はわかってしまいます。

特に最近はパソコンがなくても
スマホがあればインターネットを使えます。

Googleで検索すればなんでも出て来る、
そういう時代です。

なので最近は情報が無料であることが
当たり前になってしまって知恵というものが
軽く見られてしまう傾向が出てきています。

知恵は無料で手にはいるのが
当たり前という風潮があります。

ただ覚えておいてほしいのは、
本当に重要な情報は無料では出てこないのです。

知恵というのはその人が生きてきた
人生すべてなので書籍にしても
何にしても、当然そのすべてが
出て来るものではありません。

少なくとも私が成功者であれば
無料でだす情報というものは最小限に絞り、
読書、つまり本に関してはある程度お金を
いただくので、それなりのものをだします。

ただし「あくまでも核心の部分は自分の中で持ち続ける」という感じにします。

実際、僕が今こうしてコンテンツを用意しているわけですけども、
このコンテンツは稼げることは間違いありません。

無料だからと言って稼げないとかそういうことはないですし、
しっかりと成果がでるように作ってはあります。

ただ、このときのコンテンツというのは、
あくまで僕がもっている知恵の数%に過ぎないです。

だからこそその情報をいつまでも無料に
こだわっている人は、結果的に時間で
大きな遠回りをしてしまって
かえって損をしてしまいます。

 

特に人は、無料で得たものに価値を感じることが出来ません。

実際はどんなにいいものだったとしても、
それをもし無料でもらったら途端に

「あ、これは価値がないんだな」

となんとなく感じてしまうものなのです。

実際に今ネットビジネスで「無料オファー」
というものが流行っています。

無料オファーというのは、それなりの
ノウハウを無料で提供してくれるのですが、
あくまでも無料なので結局もらった方も
真剣に見ない傾向にあります。

「まあ無料だし、こんなもんだろ」

と、勝手にそう決めつけてしまって、
その結果、成果に繋がっていないという
現状があります。

やはり人は無料で得た者に価値を感じることが出来ないんです。

だからこそ「無料で情報をください」というのは、
ある意味相手の人生に対する冒涜だと思って良いです。

「無料でやります」

というのは

「本気でやりません」

というのと同義なので、それを相手に
堂々と言ってしまったら、相手はその時点で
あなたのことを相手にしてくれなくなります。

あなたが本気で学びたいと思った人には、
そのときはしっかりとお金という対価を払って
そのうえで相手から知恵を受け取ってください。

誰に対してもお金を払えというわけではなくて、
あくまであなたが好きな人、もしくはあなたが本当に
信頼できると思った人に関してどんどんお金を払ってください。

そして、その人がもっているものを
どんどん引き出してください。

そうすれば自分もお金を払っているので
真剣にならざるをえないですし、

何よりその人がもっている核心的な
部分の知恵もどんどん入ってくるので
成功の速度が桁違いになります。

ネットビジネスはもちろん、
その他の分野でも、成功者から何かを
得たいと思ったときには是非この

「お金を払う」

ということをためらわずに行った方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です