メンターは一人に絞る!

ネットビジネス稼ぐためにはメンターは一人に絞ったほうが良い。

ネットビジネス業界を見渡してみると、
多くの方がアフィリエイトを指導をしています。

私もその中の一人です。

そして、多くの人がアフィリエイトで
稼ぐ方法を教えている中、
複数の人から指導を受けているという
初心者の方が非常に多いのです。

自分はこの人からしか指導を
受けませんというのではなく、
この人からも、あの人からも
指導を受けていますというような人が、
初心者には多いです。

しかし、私の考えは少し違い、
メンターは一人の方がいいと思っています。

絶対に一人でなければいけない事は
ないと思いますが、極力少なく、
多くても二人ぐらいが良いと考えています。

では、なぜメンターは少ない方が
いいのでしょうか。

それは、

アフィリエイトには、絶対に100%正しい
方法というのがありません。

だからこそ、皆言う事が違います。

メンターというのはやはり人間です。

言う事が違うと、何をしていいのか
分からなくなり余計に混乱してしまいます。

だからこそ、自分が指導を受ける場合は、
一人に絞ったほういがいいのです。

例えば、メンター「A」「B」「C」と
3人の人がいたとします。

その人達に集客についてのコツを聞くとします。

まずメンターAは、
「ブログの記事を沢山書いてアクセスを
集めてください。」
と指導します。

メンターBは
「ブログの記事を書くのは面倒臭いから、
Twitterで集めましょう。」
と指導します。

メンターCは
「ブログもTwitterも手間なので、
さっさとお金を払って広告打ちましょう」
と指導します。

「A」「B」「C」のメンター、
皆言う事が違う訳です。

実際にこのような立場になったら、
あなたはどうすればいいのかという事です。

恐らく、それぞれの人に相談しても、
自分の方法が一番良いと言うに決まってます。

そこで一つの方法に絞ったとしても、
残り二人のメンターを裏切る事になり、
何でやっていないのかと聞かれた時に
回答しづらくなります。

そもそもアフィリエイトに正しい方法
というのはありませんので、
どのメンターが言っている事も間違いではいのです。

ブログでアクセスを集める事も正解ですし、
Twitterでアクセスを集めるのも正解ですし、
広告を使ってアクセスを集めるのも正解です。

だからこそ、どの方法を使っても、
それをしっかりと実践していけば
集客という、やりたかった事に対して
結果は出るのです。

しかし、中途半端に他の手法を
知ってしまうと、悪循環に陥ります。

少し上手くいかなければ、
今度はこっちをやってみよう。
始めはブログの記事を書いていたけど、
なかなかアクセスがこないから
ツイッターをやってみよう。
ツイッターも上手くいかなければ
次は広告を出してみよう・・

すると広告も上手くいかず、
またブログに戻るといったような感じで
ひたすら時間を無駄にしてしまい、
余計に成功が遠のいてしまいます。

もちろん自分に合った方法というのも
あるかもしれませんが、
実際にやってみないと、どれが自分に
一番合っているかというのは分からない訳です。

自分一番合った方法をいつまでも探すより、
方法を1つに絞り、それを信じてひたすら
やっていく方が
早く結果を出す事ができます。

だからこそ、メンターは一人であるべきという訳です。

また、メンターを一人に絞ると
もう一つ良い事があります。

それは、メンターから好感をもたれるということです。

例えば、メンターと話していて、
実は自分は他の人にも教えてもらっている
という事を言えば、おそらくメンターは
心の中では実際面白くないはずです。

自分が居るのになぜ他の人を頼るのかと考えます。

一方、
「他の人からは一切教えてもらっていません」
「全てあなたの事を信じてやっています」
という状況であれば、メンターからの
信頼度も変わってきますし、
逆に一生懸命指導もしてもらえます。

メンターから好かれている方が早く成長できるのです。

そういった意味も含めて、メンターは一人であるべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です